S.R.F. ‼︎

サークル活動の内容を綴るブログです。

2017年7月8日 ラブライド!(^ム^)!

SATURDAY RIDE FEVER!!33

本日のブログ担当、雨男の汚名を返上しつつある、ムラです。今回はピーカンだったぞ~!
さて、顧問(chosan)の声掛けにより、我がチームにも、『山岳部』っぽい集まりが出来てまいりました。
という流れで、
「クライマーども~、赤城山に~、、、GO!!」
という顧問からの御達し。
行くっきゃないでしょ~(^^)

と、話題は変わり、今般、サイクリングブームといいますが、
今の日本では、そのうち95%が男性で、女性はたったの5%程度なんです。
当クラブも、30名×5%=1.5名(女帝と女皇の2名いるので、平均値よりちょっと上。いや男勝りだから、平均値以下か?(笑))
そんな現状のなか、な、、な、、、なんと、22歳の女性が加入するという噂!
いや、噂ではなく、真実!!
山が大好き♡ということで、赤城山にもチャレンジするとのこと!
あら~、楽しみだわ~。

更に、企画者の顧問から、
「ムラちゃん、彼女(マオちゃん)が道分らないっていうから、前橋まで、連れてきてくれる~?」という依頼。
【Oh~、何という美味しい役回り。生きてて良かった(*^^)v】
と、喜びがラインに出すぎたのか、二人でドライブデートのつもりが、なぜか顧問もお目付け役として一緒に、同乗することに(>_<)
まぁ、マオちゃんとの距離感が縮まれば、3人でもいいでしょう。
てな訳で、胸を高ぶらせながら、過ごした1週間。
そして、サイクリング前日の22時。マオちゃんからラインが。

マオちゃん「明日は、タクちゃんが急遽行くことになったので、彼の車に乗せていってもらいます!」
はぁぁぁ!?・・・タクちゃん!??・・・誰だそれ!???
米さん作成のアルバムで確認してみると、
なんとも、やんちゃそうなアラサーの若者ではないですか。
おのれ~、タク~、ジジィの楽しみを奪いおって~!!

ということで、怒りと悲しみを胸に抱えながら、「打倒!特攻の拓!!」を合言葉に、顧問と二人っきりの空間で、前橋を目指すこととなりました。
(*顧問との楽しいひと時の内容は、『6月10日 Go To Hell』をご参照ください。)


『7時現地集合』という号令でもあり、渋滞もなく、1時間前には集合場所に着きましたが、全参加者が既に集合済。
毎回、感心してしまうのですが、我がクラブのサイクリストの方は、ほんと時間にしっかりしてます。
約1名、ルーズベルト大統領がいらっしゃいますが、偉い方だからしょうがない!(笑)
(*偉い方のルーズな情報は、『7月8日秩父カツ&せせらぎCAFE』をご参照ください。)


そして、本日の自称クライマー達、8名で、いざ赤城山へ出発だ~!

本日の参加者
chosan(車内でも絶口調)
たあさん(嫌よ嫌よもクライマー)
Kちゃん(リベンジがかかっている)
ヒデさん(DEROZA号、格好いい)
いっしー(ULTEGRAホイール仲間)
たくちゃん(特攻の拓、負けられん!)
マオちゃん(プリンセスまお
ムラ(プリンセスとの距離感が縮まらず、やる気なくなってる)

「埼玉じゃ、大きい山には登れないからね~」という、顧問の言うとおり、赤城山はスケールがあり、道も広くて、ストレスがない!
前回、苦戦したKちゃんが、先頭を牽いてくれる展開。
なんとKちゃん、最近は朝練も始めたとのこと。
「足、メッチャ軽いっすわ~。」と、ぐんぐん進んで行きます。


ヒデさん、イッシー、特攻の拓、当然顧問も軽快です。


私も、エネルギーが有り余っている、若きイッシーに付いていきかけましたが、
【女の・・・涙の落ちる音がした】
という訳で、イッシーとは別れ、マオちゃんの方に行くことに!(^^)!

しばし、待っていると、たぁさんが、マンツーマンで励ましながら登っています!
どうやら、涙ではなく、汗が落ちている様子。


私もラブライドの仲間に入れてくれ~~~~~(ToT)/~~~


頼むから、私もラブライドの仲間に入れてくれ~~~~~(ToT)/~~~


しかし、マオちゃん、「山が大好き」というだけあって、ハイケイデンスでペダルを回し続けます。
普段は、二日酔い親父のたぁさんも、この日は別人のように適格なアドバイスを送り続けてました(^ム^)
それに応えるように、マオちゃんはダンシングも習得しながら、標高1400mまで、しっかり登り続け、ついに最終カーブのナンバー68!!
ここでなんと、まおちゃんが自ら仕掛けた!
いいとこ見せようと、たぁさんもこれに対応!!前にいた見ず知らずのサイクリストと、最後の直線は体をぶつけ合いながらのデッドヒート!!
そして栄光のゴールは、、、
たぁさん、息も絶え絶えに、後ろいた私にも差されました(笑)


マオちゃんも笑顔でゴール!


赤城山初挑戦の、ヒデさん、タクちゃん、イッシーも無事にゴールし、皆、達成感で一杯です。
ゴールについても、まだ時間は8時半!
気持ちよかったね~! 充実したライドだったね~!!、、、、、って終わっていれば良かったんです。


その後に地獄が待っていることを、
この時、僕たちはまだ知らなかった。。。。



顧問の本日の案内では、「獲得標高2600m」=「赤城山を表と裏から計2本登坂」となっていたようです。
そんな訳でダウンヒルで気持ちがすっかり油断した後に、恒例の表と裏をつなぐ、アップダウンの繰り返しの、難所コース。
Kちゃんいわく、「この短い距離で、獲得標高200mありますわ。」とのこと。休む間がなく、マジつらい。
そして、赤城山神社に参拝をした後は、2本目の登坂が待っている展開。
既に、マオちゃんは、何か後方でわめいています。
「聞いてない、2本登るなんて聞いてない、聞いてない。」
顧問も、そんなわめき声を聞いてません。いや聞こえてるけど、無視しているようです。
赤城山初陣の参加メンバーも、なんだか時計を見ながらそわそわしているようです。
顧問は、そんな仕草も見ていません。いや見ているけど、無視しているようです。

そして、2本目スタートー!!
私も、裏登坂は初挑戦ですが、どうやら表よりも、道幅が狭く、勾配もきつい模様。
マオちゃんが何か呟いています。
「無理、無理、聞いてないし、聞いてないし、なんか、さっきより勾配きついし」
チャンスです。
弱っている女子が隣にいます。
ここを付け込まない手はありません。

プリンス「マオちゃん、無理せず、ゆっくり登ろう。疲れたら休めばいいから。」
プリンセス「はい、ありがとうございます
ってな訳で、ラブライドのスタートです!
今度こそ、「特攻の拓」に邪魔されないよう、極めてゆっくり登ります。
マオちゃんの息が整わないよう、たくさん話しかけて邪魔します。
(以下、トーク内容抜粋)
・学生時代は、バスケと駅伝をしており、運動神経はだいぶ良いらしい。
・今年、東京マラソンを走り切ったツワモノ女子らしい。
・自転車を始めたきっかけは、知り合い(彼氏?)に強く勧められ、渋々、買ったらしい。
・なぜ遠方の赤城山ライドに参加したのかというと、顧問からのオファーが強かったらしい。
・結局のところ、断れない性格のようである。

そして、30分程度登ったところで、いよいよ体力的な限界が。
プリンス「もう、充分でしょ。ここで終わりにしよう!」
プリンセス「はい。。。」
*断れない性格なので、「大丈夫?まだ登れる?」って聞くと、「登れる」って言うんです(>_<)

一方、その頃、先行するチームは中腹の展望台に。


そこに、「マオちゃん、白旗!降りてきて~!」のラインが。

怒りながら、雄叫びをあげながら、下りて来ました。
関西人K「リベンジ出来んかったやろ~、ボケ~」
顧問C「登り足りないんじゃ~、ドアホ~」
プリンス「やめたまえ、君たち!」
プリンセス「♡♡♡

そして、下り中に更なる悲劇が!
路面の劣化が酷く、振動がものすごかったため、関西人Kのハンドルに装着をしていた、顧問Cのカメラが吹っ飛び、破損。
顧問C「登り足りないんじゃ~、ドアホ~」
いいがかりはやめて下さい(+_+)

そんなこんなで下山し、ランチタイム。
たぁさん、ヒデさん、イッシーは、時間的な制約があり、ご一緒できませんでしたが、
残りの5人で楽しくランチ!というよりも、マオちゃんが、攻められる時間帯。
まぁまぁ、穏便に穏便にということで、ソフトにソフトクリームを食し、一件落着?


そして、赤城山を後にし、一の鳥居前でパシャリ。先に帰宅した3名も、撮影してました(笑)


帰宅後のラインでは、マオちゃんから「2ヶ月後にリベンジします!」の意気込みが。
クライマーへの道は険しいぞ~。
そして、女帝と女皇への道のりは、もっともっと険しいぞ~。
でも、我がチームには、女性も男性も、良い先輩サイクリストがたくさんいるからね。
一緒に、成長していきましょう!

色々ありましたが、本日も、楽しいライドでした~。
獲得標高は、2000m強と、目標に600m足りませんでしたが、また次回!
でも、私とたぁさんは、初々しい女子に触れ、すっかり昇天し、50,000m程の標高を獲得していますので、あしからず(笑)
×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。