S.R.F. ‼︎

サークル活動の内容を綴るブログです。

2018年1月20日 SRF番外編 BRM120千葉200km

SATURDAY RIDE FEVER!! 59 Brevet

Writer:コバ


『コバさんが走るんなら俺もやるっすよ』


SRF代表のMACOさんからそんな言葉が飛び出したのは昨年暮れのSRF忘年会のことでした。
ブルベがどれほど魅力的なものかをムネヒロさんが熱く語り、紅一点のイクさんは目をキラキラさせて聴き入っています。
MACOさんの言葉に座敷はますますヒートアップ。
男一匹、逃げるわけにはいきません。
そう、答えは一つ。


え〜、俺には無理だよ〜w


いきさつを誇張するとこんな感じ?
酔っ払っていたので良く覚えてないや。
まあ勢いだね。
m-gramでは堅実主義のコバです。


SRFにはブルベの達人が数名いらっしゃいます。
宇都宮まで餃子を食べてくるとか、銚子に海鮮丼食べに行こうよ、とか距離感がアレな人たちです。
そんなブルベの達人の中にあって、大ベテランで常識人、いつもニコニコ仲良しのハトさんに一緒に走ってもらえることになりました。


そして迎えた当日、千葉某所。
あれ?雨。ハトさん、目が血走ってるのは気のせいかな、朝早かったしね。


8:10 車検を終えスタートです。
小雨が降り続きます。跳ねた水でケツが冷てえ〜。寒いなあ。
なんて思う暇はないんだよ!
え!巡行30㎞/hオーバー⁈
これから200走るんでしょ。
普段のチームライドより速いんだけど。
雨まで降ってるのに。
先にスタートした選手たちをごぼう抜きする姿は、まるで一人だけTT選手が混ざっているようです。
そう、今ここにハトチェラーラ爆誕です。


走りに飢えた男の爆発的なペースは約80キロつづきました。
SRF のライドならもうゴールしても、いい距離です。
この頃には雨も止み少し走りやすくなっていました。

実はここから先はあんまり記憶がありません。
なんとかハトさんの後ろにくっついて行かないと。
生きて帰るにはついていかないと。
これが無我の境地ってやつでしょうか。


そんなこんなで、約10時間後にゴール!

ずっと牽いてもらってではありますが、なんとか200㎞走りきりました。
ハトさんありがとう!
車載で現地まで往復までしてもらい、重ねてありがとうございます。


思い出されるのは、機材トラブルですかね。
ナビの電池が切れたり、電池の交換の仕方がわからなかったり、マウントのネジが緩んで外れてしまったり、ライトの明るさ設定間違ってバッテリー切れ起こしたり。
急ごしらえのブルベ装備だったのでミスがたくさんでした。
次に生かしたいと思います。


身体はガタガタだったけど、人間面白いもんで自信がつくと100㎞くらいのrideでは物足りない感じがしてきます。
まあ、感じだけですから結局は100も走れずに帰ってくるんですけどね。


SRF
ブルベにユルポタ、
グルメにヒルクライム、
レースや飲み会、
自転車の楽しみ盛りだくさん。
今回もいい経験させてもらいました。
あなたも人生の1ページにロングライドはいかがですか?
そうそう、MACOさん、今度のブルベ頑張ってくださいね〜。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。