S.R.F. ‼︎

サークル活動の内容を綴るブログです。

2018年4月22日 もてぎエンデューロGW

SATURDAY RIDE FEVER!!68

Writer:米ぱ


チェチェチェチェチェ
チェリィィ ボォムッ!


どうも米ぱです。


はい、今年も逝ってきました。
恒例、もてぎエンデューロGW!!


半年前の2017AWはSRFチームより5チームのエントリー。
結果は6位入賞どまり。


1年前の2017GWは2チームのエントリー。
結果は3位入賞、表彰台ゲット。




前回、不甲斐ない結果を残したワークスメンバーは、
この日の為に練習してきたはず、多分、恐らく、知らんけど、やっていたと思いたい。


え?どんな練習かって?
そりゃアレですよ
24時間で400キロ近く走ってみたり・・・
レースの前日にレースに出てみたり、子の権現登ってみたり、、、
わらじかつ食ってみたり、ピザ食ってみたり、
箱根いって宴会してみたり、それは地獄の特訓の日々でした。


はい!
ってことで、
今回エントリーしたのは1チーム!
チーム名もいつも通りの
「SRF-WORKS」



メンバーは
第一走:斬り込み隊長 りょーくん

コメント:未だ嘗てない速さで挑みます!



第二走:1km職人 米ぱ

コメント:エンジンのボアアップには成功しました!
生還率はいつも通りです!



第三走:暴走おてんば姫 いくちゃ

コメント:最終奥義!下半身破壊走行で特攻します!



第四走:インターバル将軍 なかじー

コメント:やっべ!出遅れた!


以上の4人による、超絶鬼特攻。
気合いと意気込みだけは白石峠より高い!
ストイックさの中にも常に甘えを見つけ、何かと言い訳を付けて、休憩することに関してはトップランカー。
自分がやらなくても誰かがやってくれるという他力本願をモットーに、
信頼と愛情と実績を重ねたメンバーらによる、
もてぎエンデューロが今始まる!!


つづく

2018年4月21日 逝ったことないよ子の権現・天目指ライド2

SATURDAY RIDE FEVER!!67

Writer:MACO



↑この記事の続きです。


拓ちゃん『このあと坂もう1本行こうと思うんですよね〜』
え?ルート外ですけど・・・
ジュンイチ・サカスキーも反応します。


ジュンイチ『定峰峠ぐらいなので全然大丈夫ですよ〜』


せっかくこっちまで来たのだからというビンボー根性というか もったいない精神というか そういった作用が働きます。


行くことに決定(´Д` )


そーでしたそーでした
ランチ前にタケシャ・サカスキーと米企画室長は帰還されました。
米ちゃん次の日はモテギエンデューロなのに楽しさ嗅覚が反応してしまったのでしょう。今日のライドほぼほぼ参加( ^ω^ )モテギがんばれー。
この記事の次はモテギの記事です。


そして我々は着た道を引き返し山伏峠の麓に到着。
松っさんは麓の本陣を暖めておいてもらいます。
他メンバーGO!!

おなかいっぱ〜い
帰り道 山王峠か右折で小沢峠を通るか選択を迫られます。
ジュンイチ・サカスキー『右に行くと小沢峠ってのがあるんですよ〜』


知ってますとも私も過去に米ぱライドで通ったことありますもの。
小沢峠却下!( ´ ▽ ` )ノ


予定ルート通り山王峠から帰ります。
飯能側からだったらそれほどでもないのです。


無事に帰還、最後に集合写真を!


おしまい

2018年4月21日 逝ったことないよ子の権現・天目指ライド1

SATURDAY RIDE FEVER!!67

Writer:MACO

29日の渋峠に向けどこか走っておきたい。
どうせなら坂をからめておきたい。
逝ったところ行ったところのないところへ!

渋峠は現在、草津白根山の噴火警戒レベルが高まった為中止。
29日は
・チョーさんライドフィーバー グンマー満喫
・スーさんライドフィーバー  富士山1周
の2本立てになる予定です。


さて行ったところのないところ。
!?初心者なら誰もが行きたがるあの坂へまだ行っていないことに気づきます。
ローディーにはあまりにも有名な『子の権現』ここに決定!!
なんでも足腰のゴッドを祀っているとのこと。
思いつきライドにも関わらずたくさんの方が参加されました。


《参加者》11名
🕊ハトさん
松っさん
タケシャ・サカスキー
􏿿イッチーさん
つえさん
米ちゃん
ムネさん
じゅんちゃん
拓ちゃん
􏿿ジャッカル氏
まこ


ムネさん・米ぱ隊長・スーさん


じゅんちゃん SRF参戦してから全部出てるんじゃないの?


今日は?も?観光ライド行ってきまーす。
飯能駅を通過し県道70号線をひたすら走り子の権現へ向かいます。
だいぶカットしますが登り口まで着きました。

しばし休憩していると・・・



『おはようございまーす 間に合ったー!』

20分短縮して駆けつけた タケシャ・サカスキー
坂といえばこのお方でしょう!


登坂前に記念撮影。右下ローな感じですが(笑)


では登坂開始!!

松っさんは教科書通りにとのことで
子の権現の攻略法をマスターしてきていたのでした。
それによりますと
松っさん『いいかい まこちゃん最後の300mまでシッティングで足を温存。
激坂が現れたら 立つ!ダンシングで一気に駆け上がる!』
まこ『ハイ!』


とにかく行ってみます。
もちろん撮影の余裕はありませんので写真はありませんが
最大勾配 内側40% 外側28% だそうです。

登りきりリベンジを果たしたスーさん


11人全員が登りきりましたよ〜( ´ ▽ ` )ノ

桜まんじゅうで超回復だ!ムネさん


わらじを見に行く組と待つ組に分かれます。

つえさんと私 中国在住時にCANYONのバイクを3万でGETしたそうです。
ウラヤマシー


ワラジは金属でできていました(内緒)


帰り道の参道で何かに気づきます。
金剛力士像を裏から撮影する人ってなかなかいないよね〜
なんか拓ちゃんに似てない?
拓ちゃん真ん中立ってみてよ

称号『金剛力士像』獲得


お次は『天目指峠』あまめざすとうげ
ネーミング カッコイー( ^ω^ )

天目指しました! 米企画室長


天目指峠をくだりくだって名栗湖へ

来湖3回目です。

記念撮Air 今年1番のナイスショットではないでしょうか


師弟コンビ または指定コンビ(坂指定)
(左)タケシャ・サカスキー
(右)タクチャ・サカスキー


次!ランチでーす!
レストランHAMA

疲れた体を肉で癒します。
おすすめはステーキ丼
なかでも最高級の王様のステーキは焼く前のお肉を見せてくれます。


『お焼きするお肉はこちらでございます( ^ω^ )』

こうなります( ´ ▽ ` )ノ


拓ちゃん『このあと坂もう1本行こうと思うんですよね〜』
え?ルート外ですけど・・・
ジュンイチ・サカスキーも反応します。


《つづく》