S.R.F. ‼︎

サークル活動の内容を綴るブログです。

2017年10月1日 マンRIDE

SUNDAY RIDE FEVER!!48

Writer:コバ


みんないいなあ、毛無峠行きたかったよー。今日のSRFは遠征で草津渋峠rideです。
私ことコバは土曜日だというのに出勤日で参加できず。帰り道をスマホ片手にトボトボ歩きます。渋峠のレポートlineまだかなー。もう来てもいい時間だよなー。
とそこにグループlineがはいります。



同じく渋峠には行けなかったmomoちゃんからです。
あした Sunday Ride Fever!!行くぞ!!


走りてー
9月は忙しくてソロライド数回のみ、SRFへは一度も参加できていません。
参加者を見てみると、


アウターでガンガン登るmomoちゃん
獲得標高5000m男ニッシー
名物顧問クライマーchoさん


と錚々たるメンバーです。ヤバいです。
立ちゴケが専門のコバですから、こんなメンツと走るのは無謀です。
御免こうむります。
https://maco.muragon.com/entry/40.html
そんな不安感のせいか、軽い出来心で、お腹に力を込めてlineです。


んあぁぁぁ、あんたら、登れるんだって?
どんだけやれんのか見せてみろよ〜


めでたく榛名山行きが決定です。


翌朝6時半、ニッシーと一緒に車で出発地点に到着。
少しあってchoさん、momoちゃんが到着。
choさんから序盤、中盤、終盤の3セクションについて綿密なブリーフィングを受けた後、すべてをchoさんに丸投げしたら出発です。


序盤はいわゆるハルヒルコースです。最初はゆるーいふりしてジワジワ体力を奪います。それでもみんなは平地のようにかっ飛んでいき見えなくなりました。
コバはインナーロー(最近覚えた)でひたすら耐えます。
先は長いのでマイペースを言い聞かせなんとかゴール地点に到着。
頂上にある監視カメラはニッシーさん専用のものだそうです。
アングル低すぎです。
峠にJKは通りませんよ。


ちょっと下って榛名湖で逆立ちしながら写真撮影。

ここから中盤戦。
足湯ができるという道の駅を目指します。
R145という素敵国道をはしります。
通称日本ロマンチック街道ですぜ!
沿道にはコスモスが咲き、ほのかに金木犀が香る爽やかな高原の空気を、
止むことのない甲高い声がすべてぶち壊します。


途中JR吾妻線の格好いいコンクリート陸橋と一緒に記念撮影。


群馬の山は岩肌がダイナミックで見ていて楽しいですね。不動大橋から八ッ場ダムを見下ろし、momoちゃんと一緒にたっけー。こういうのは自転車でこないとなかなか味わえないよね、とみんなでニンマリ。橋を渡ると、道の駅八ッ場ふるさと館に到着。


目的の足湯タイムで記念撮影。



レストランの開店と同時に補給です。
すいとんが野菜いっぱいで美味しかったー。


道の駅を出発すると、終盤戦です。R406を走ります。
けっこうな上り坂が延々と続きます。うむ、エグい。
ここも榛名山の一部ということで、榛名山の大きさ、自然の偉大さを肌身を持って感じられます。
われわれも自然の力を足湯で宿してますので、えっちらオッチラ、ペタルを回します。猿岩線とどっちがきついかなー、と考えながら登ってるうちに、なんとか頂上に着きます。


お待ちかね、ダウンヒルです。
民家が見えてからの長くてゆるーい下り区間が最高でした。
山間の農村を走るのですが、ちょうど稲の刈り取り時期です。
柵に干してある稲、おじいちゃんはコンバインで刈り取り中、
そして刈り取り前の黄金色の田んぼ。
日本の原風景を風のように駆け抜けます。
俺たち絶対イケてる!

奇岩の前で記念撮影です。


あ、すんません、勘違いでした。


長い長いダウンヒルを終えると、もうゴール地点です。
今日も無事に事故なく帰ることができました。
そういえばこれといったアクシデントも起きなかったね。


走力に差があっても、ベテランさん達がうまく調整してくれるのがSRFの嬉しいところ。
とっても安心して走れるから、また一緒に走りたくなるんだよね。
そんなしてるうちに自分の走力も上がってるかも!


秋のrideはまだまだ続くよ。
Saturday Ride Fever❗️


2017年9月30 日 この先危険!毛無峠&渋峠ライド(後編)

SATURDAY RIDE FEVER!!47-2

Writer:MACO


↑無事ライドを終えたSRF一味(((o(*゚▽゚*)o)))
ダウンヒル(それはそれはながーい下り坂で)体が芯から冷え切っちまってます。


そんな時は温泉だあ!!
(後編はただの観光ブログです!オンセンサイコー!!)



なんてったって草津ですからね!!
体を温めつつ絆も温めたい参加者ご紹介(皆おっさんです)


HATOさん
松っさん
ムネさん
米ちゃん
ミッキー
MACO


SRFで草津温泉へ来るのは2回目です!
とにかく湯を求めて!!

超絶あったまりました〜( ´ ▽ ` )ノ


ムネさん注文の◯◯ソフト(味忘れたm(_ _)m)


送り出してくれた家族へのお土産を仕入れに歓楽街へ向かいますがシャッターの嵐(T . T)まだ17:30ですけどー!!


途中、湯畑にも寄りました。おっさん6人で観光。


以前お世話になったお土産屋さんへ!
営業中で助かりました!手ぶらでは帰れないっす!


そしてご飯はどーするばなしになりまして
松っさん「ここでいいよ!」
近所のおそばやさんに決定!

松っさん 米ちゃん わたし 話題が尽きないですね〜(^ ^)


HATOさん(撮影) ムネさん ミッキー
お隣のテーブルではムネさんのブルベトークが炸裂している模様!!
(コワイヨー)


テーブルの上がご馳走だらけになってましたが、松っさんの「スポンサー」アビリティが発動した為、豪華なデナーとなりました!
いつもありがとうございます!


そして帰路へ

歓楽街、来る時はシャッターだらけでしたが帰りはネオン街的な雰囲気に!
MACO「スナックとか多いんだね〜」
ミッキー「スナックいきたいっす!」


若いのう!!


おいちゃんたちは疲れちゃったから帰りまーす!
全員ちゃんと帰りましたよ!(誤解があってはいけませんのでねっ)


そんなこんなで充実した1日となりました!


いつも送り出してくれる家族には感謝です!
ありがとう!!



2017年9月30 日 この先危険!毛無峠&渋峠ライド(前編)

SATURDAY RIDE FEVER!!47-1

Writer:イッシー

~9月上旬~
Y「渋峠は本当にもう一度行きたい所!」
T「渋峠っ?行こぉ行こぉ~??」
Y「師匠がこう仰られとる!!迅速に計画を遂行したまえ!!ふふ」
N「私も、渋峠、行ってみたいです(^^)」
そんな流れで突如、渋峠ライドを仰せつかることとなる
僕「8/30(土)に渋峠行きたいなと考えてますがどうでしょうか!」
Mi「一年後ですか~ まだ未定ですね~笑」
僕「みません9/30の間違いです」
Mo「なんか、ウケる(笑)若者どぉしの会話。」
立ち上げの段階ですでにコケてるorz

~9/25~ 
週末のライド計画を月曜日にアナウンスします。遅くなってスミマセン!
そんな突発企画になってしまいましたが参加者が集まり開催へ!

参加者
まこさん
たぁさん
まっさん
ノリコさん
ハトさん
米さん
ムラさん
リョーさん
ミッキー
イッシー
以上、10名!!

~当日~
天気予報
最高20℃まで上がるじゃん!余裕じゃん!
間違ってました。草津温泉の駐車場についた頃は半袖ジャージでは居られないくらいの寒さ

震えながら身支度を整えて集合写真
(撮影のミスでミッキーさんと僕が入ってません。スミマセン)

ふとスマホを見ると...
女帝から「本日の先頭頑張ってねー」とLINE越しに活を入れられてる
(;・∀・)ミナカッタコトニシヨウ


身支度を済ませて出発!
駐車場を出れば早速ヒルクライム
草津温泉の外れからロープウェイ乗り場までは森林帯を走る普通のヒルクライムを一気に上ります。

ロープウェイ乗り場で撮影

紅葉には早いですが、快晴で気分アゲアゲ


ロープウェイ乗り場を過ぎると駐停車禁止の区間が続きます…
硫黄の匂いがたちこめ、ここでしか見れない異様な風景が広がるんですが写真が取れなかったのが残念。


途中の駐車場で撮影。右側の山は紅葉が進んでます。右側の山には九十九折が見えてますね。。。


草津白根レストハウスに到着
この辺はバイクから降りたらすぐに建物に逃げ込みたくなる寒さ
集合写真も厳しくなってきました

集合写真ばかり撮ってるので気分は修学旅行生です(笑)
この草津白根レストハウスですが5月のライドのときは閉まってました。今回は、白根山の噴火警報レベルの引き下げで営業を再開してて売店やトイレがあり、丁度いい補給ポイントになりました。

ここで、昼飯をどうするか相談
まっさん「いい店ないの~」
僕「渋峠ホテルで食べようかなって思ってたんですが...(それ意外ないよ!)」
よねさん「ほかにはー」
僕「ぇえ...」

...万座のホテルにもランチ営業してるレストランがあったみたいです。お昼の重要さを分かってません
でした反省です。
国道最高地点で撮影

ここで写真取ると不思議と良い感じの絵になります。

りょうさん「これから渋峠ホテルまでスプリントします」
米さん「りょーくんとスプリント対決するから撮影よろしく!」
僕「分かりました!(無理です)」
車の切れ目を狙ってスタート!!...あれ、ゴール!早ッ近ッ!
対決は引き分けに終わりました。僕の足も守られました。

渋峠ホテルに到着、バイクを立てかけている間にも体温が奪われる!寒い寒い!

ノリさん「気温8℃なんだけどぉお!」
駆け足で館内へ、、、ぁあ~暖かい~

食券を買って長野県側で食事

食事が終わって万全の防寒対策で万座温泉まで下ります
渋峠から逸れて万座へ下る道は九十九折の急勾配の連続
降りきった所で重要なことに気づきます


ムネさん「ガーミンで300m降りてるんだけどこれ登るんだよね」


その通りなんですが、今悩んでも仕方ないのでダラダラ上る万座道路を進みます...進みます...進みます...
あれ、さっき迄の休憩のペースはどこに行った?
ビュースポットや、県境の看板のとこなど、誰も止まってません。
もしかしてトレーニングモード入っちゃった!?
登りきった所でなんとか合流。
ここからは緩やかな下りで3キロ程度なので集団走行。これがしたかったんだよ!
毛無峠に近づき、舗装が荒れはじめ、ついには舗装が終わり砂利道になって自転車を降ります。
目的のの看板まではあと少しだけど大きめの石が転がる荒れた道
こんな所でノリさんは流石、愛車を持ち上げて歩いていきます。
一方のおじさんたち男性陣は力果てて手押しで前進。


この先危険!の前で撮影。こちら側は長野県なので安全です(笑)


いろいろ撮影

奥に長野市が見えてます。
錆びてる鉄塔は小串鉱山の跡。

万座までは緩やかな下りでしたが、万座からは強烈な九十九折が待ってます。
登りきったものの、足も体力も使い切ってしまったので白根レストハウスでダウンヒル前に休憩。

暖かいパンは美味しいです(*^_^*)
体が休みきる前に下ります。気をつけて出発!


走り出して間もなく
ハトさん「あっ!なんか落ちた!」
米さんのシートポストに固定されているカメラが脱落してしまいました。
周りを探したものの電池パックが行方不明に。


坂を下り、下り、下り...何処まで続くの!
ピークから駐車場まで下り道が続くこと12km!
首も腕も凝り固まりました。


まこさん「もう下り疲れたよ〜。よく登ったよね」
本当にそう思います。
全員駐車場に到着し、本日の"ライドの部"は無事終了。


編集後記
今回は昼間に走りきりましたが、白根山の警戒レベル引き下げでR292渋峠区間の17:00までの夜間
通行規制が無くなり時間を気にせず走れるようになりましたが、この時期日が暮れるのが早くなってますので気をつけてください。
このブログを書いている間、関東でも朝晩寒く長袖でも良いかななんて思ってたら、渋峠では雪が降ってました。例年ですと11月上旬から冬季通行規制になります。
http://club-alpine.blog.jp/archives/1867523.html