S.R.F. ‼︎

サークル活動の内容を綴るブログです。

2018年4月14日 ガタガタブルブル いろは坂!!

SATURDAY RIDE FEVER!!66

Writer:MACO


SRF内では過去ライドのリベンジ希望、突撃希望を投票調査( ^ω^ )
堂々の1位を獲得いろは坂!!


去年のいろは坂ライドはコチラ↓


参加人数も過去最多1位!!20名の参加となり、
米企画室長の計らいで3班編成となりました。


■第1(安心班)
・MACO
・まっさん
・まおちゃん
・のりちゃん
・たーさん
・かむさん
・はとさん


■第2(ややおかしい班)
・ちょーさん
・すーさん
・じゅんくん
・てっつぁん(自走集合)
・サイトーさん
・つえざきさん


■第3(変態班)
・タケシャン
・タクチャン
・しゅんくん
・カッキー
・いっし〜(自走集合)
・ニッシー


■撮影班(プロデューサー)
・米ぱ


《こんなルート予定》
7:50 ろまんちっく村 出発
↓ (20km)
9:20 道の駅 日光
↓ (16km)
10:10 馬返休憩ポイント
↓ (11km)
11:10 中禅寺湖 着
↓ ■昼食■
12:30 中禅寺湖 出
↓ (15km)
13:30 滝ヶ原峠山頂
↓ (19km)
14:30 若林商店?わからん
↓ (17km)
15:30 ろまんちっく村


朝礼後、記念撮影。3班体制 3班→2班→1班の順で出発〜。


日光街道をひたすら走ります。
アレ?のりちゃん1班に入っちゃってますけど2班じゃなくていいの?
3班、2班はどんどん見えなくなっていきます。
我々1班は安心・安全をテーマにポタリングです。
20km走行し、道の駅 日光にて3班、2班と合流。
ここで2班のスーさんを吸収。
次の休憩ポイント馬返へ向けてしゅっぱつ。
だんだんと てっつぁんの背中が見えてきて1班へ吸収。
1班大集団化していきます。

皆で走ると楽しいですねっ(^ ^)


16km走り休憩ポイント馬返へ到着。

同世代!? ニッシー カッキー タクちゃん


MACO「カッキーのジョーブレーカー カヴェンディッシュ?」
カッキー「そうなんですよー。なんでですか?」
MACO「最近ソレに買い替えようとおもってさー」


カッキー 赤黒基調 + ジョーブレーカー(アイウェア)だけなぜか緑黒
MACO  緑黒基調 + ジョーブレーカー(アイウェア)だけなぜか赤黒


なぜか二人ともアイウェアだけ統一感に欠けている現状。


ジョーブレーカー(アイウェア)
チェンジしよう!


コレによりカッキーは赤基調に統一され、私は緑基調に統一。
お互いの利害が一致しWin Winの取引が成立しました。
めでたしめでたし( ´ ▽ ` )ノ


さて、いよいよ いろは坂突入です!
クライマー達はグイグイガリガリ登っていきます。

登坂モデル:いっし〜  撮影:シュンくん


ゆるゆると登っていましたら、
米ちゃん「師匠きたよーー!!」
後方からグォングォン音がしてきてあっという間に見えなくなりました。
そうそれはタケ様
知らないうちに明智平杯クライムスプリントが開催されたようです。
ゴール:明智平ロープウェイ乗り場


私は後方からの到着の為、前方の結果がわかりません。
写真にて勝手に判断(´Д` )


堂々の1位

タケしゃんでした〜 おめでとうございま〜す


2位はカッキーか!?



楽しく登ってきましたが大分時間が推している模様。
中禅寺湖はカットし昼食処へ向かいます。

もうアレですよ世代を超えた修学旅行状態。


今日はポテトの代わりにフランクフルト1本(タケ氏)


モツが見えなくなるまで七味をかける人がいたり(米氏)


普通の人が居ないんですSRF
みなキャラ濃く そんなのが面白かったりします。


お店では鱒のてんぷらを勧められましたが、みんなほぼ暖かい汁ものへ
だって外は
ガタガタブルブル

なんですもの〜(´Д` )
おそらく0℃くらい?


食事を終えダウンヒル開始。
寒いし、いろは坂はヘアピンカーブ 慎重にくだります。
いろは坂も終わり ひたすらくだり基調のぶっとびライドへ
もう気づけば 班編成とか関係なしです。
体力の残りが似通っているものどうしで はぐれず行きましょう。
だいぶくだってきました。

コンビニで休憩を入れます。


ここで てっつぁんご帰還なされます。

お疲れ様っした!自走ですよ自走!
集合場所まで3時間×2(往復)


滝ヶ原峠へ向かいましょう!
てっつぁんが撮ってくれました。


少し登り山頂へ到着。


ここからまたくだり基調で次の休憩ポイントまで19kmほどぶっとびライドが始まります。最後に休憩を1回入れ集合場所まで無事帰還。


今回のライドで危ないところがありましたが次回へ生かしたいと思います。
無事故で楽しくよきライドとなりました!


おしまい


2018年2月24日 BRM224埼玉300 アタック常陸

SATURDAY RIDE FEVER!!65 Brevet

Writer:てつお


そういや…
「300ブルベのブログの記事書きますよー。」とグループLINEで宣言したのはいつだったか… 
記憶が定かではなくなる前にSRFブルベ班(今作った)の活動を記さねば!!


というわけで、今更ではありますがBRM224埼玉300アタック常陸に参加してきたレポートを。


今年に入ってから妙にブルベ熱が高まっているSRF
 MACOリーダーたちも HATOさんに騙され ブルベに参戦。
BRM217群馬200をちょうど認定完走したばかりです。


ただ、改めてブログ読み返すと、「坂が!!」「寒い」「向かい風が!!!」のネガティブワードばっかりで楽しそうじゃない…


今年のBRM217群馬200はちょっとした気象条件の悪化が引き起こした事象で通常200,300のブルベでそこまで厳しいことになることは少ないです。(雨は別)


今回それを実証するためにSRFブルベ班の有志一同は「これこそ、ゆるブルベ!!」をSRFメンバー見せつけることを目標に走ってきました。


今回の参加メンバーは


・ムネヒロ先生(貧脚を装ってるが埼玉からしまなみへ自走する剛脚)
・いくさん(平坦女帝。平坦なら負けない剛脚)
・いっしー(貧脚仲間と信じていたがよく見るとアウタートップで軽々巡航している剛脚)
・てつお(文責。登りが苦手、平地もそんなに速くない貧脚。)


と、3名の剛脚+普通の人の4人でのんびり行ってきました。


朝6時に越生から4名でのんびりスタートです。 スタート地点で写真を取ろうと思っていたのですが、私の到着が朝6時ぎりぎりになってしまい写真は取る時間がなかった…


今回は「ゆるブルベ」なのでのんびり25Km/h前後で巡航です。
 300Kmのブルベの制限時間は20時間。
グロス16Km/h程度で走れば問題なく認定がもらえるので余裕ですね。


おまけに今回は剛脚のみなさんが前を牽いてくれるとのことなので、こんなにラクなライドは通常のグループライドでもなかなかないでしょう。


さすがに2月なのでスタート直後は寒かったものの、日が高くなると同時に気温も上がりライド日和になってきました。 天気も良く、みなさん気持ちよさそうにライドしています。

「ゆるブルベ」はやっぱりグルメは外せませんよね。 今回のコースも近くにちょうど良さげな場所がありました。

じゃーん、「いちごの里」でいちごスイーツを頂きましょう。

シュークリームや…

タルトなど。


時間があればカフェでパンケーキも食べられるんですが、今回はまだ昼飯時ではないのでスイーツだけで。


それでは、

いただきまーす。


おいしい!!!


未だPC1にも到達していないのにこのブルベの目的が達成された瞬間です。もう、今日はこれで帰っていいんじゃない?? まぁ、天気も良いし、もう少しくらい走るのもいいでしょう。


スイーツ天国を後にし、PC1までは数分。 PC1でレシートをもらい出発です。


今回のコースここまでは登りらしい登りもないし、ほぼ平坦で疲れもほとんどなくメンバーにも余裕があります。 PC1→PC2は若干登り下りがあるみたいですが、この疲れのなさなら余裕でしょう。


道中、いっしーがSRF-WORKS(SRF内の強い人達グループ。30Km/h後半で巡航し、峠を嬉々として登るこわい人達の集まり)の練習に参加した話をしてくれましたが、私みたいな貧脚が近付いてよいところではないことがわかりました。


まぁ、聞きながら (そんなこと言ってるけど、いっしーさっきからアウタートップでずーっと巡航してる変態さんだから実は余裕なんだろうな…) と思ってましたが(笑)。


PC1からしばらく進み風景が里山っぽくなってきたら「はが野グリーンコリドール」とかいう広域農道に入ります。ここからPC2までは軽いアップダウンが続く道です。


軽いアップダウンなので、みなさん余裕でクリアしてます。

こんなに良い天気で適度なアップダウンがあるコースをのんびりライドできるって素晴しい!!


PC2の手前で昼飯をちょっとコース外れ、多少のアップダウンを経て道の駅で食べるかPC2のコンビニで食べるかの相談がありましたが、いくさんの「登りはイヤ。」の一言でPC2直行です。


PC2は13:30くらいの到着、ちょうど昼飯時なので大休憩とします。 いちごスイーツで補給したエネルギーもちょうど切れかけたタイミングなので良い感じ。

各々、昼ごはんを食べて元気になったところでPC3に向けて出発です。


PC2→PC3の間にあるビーフラインが今回のコースのヤマ。
なだらかなアップダウンが20Kmほど続く道です。


昼飯も食べたし、さくっとクリアしてPC3に行きましょう!!

みなさん、余裕そうにクリアしていきますね!?


ちなみにビーフライン。登ってきた坂をふりかえって写真をとると、こんな看板がいっぱいある道でした。

さて、こんなビーフラインにもグルメスポットはあるはず…


あった!! 物産センター山桜。
ここでやぶ北茶で作ったソフトクリームが食べられるとのこと。

(※ちなみに山桜の先の道が10%程度の登りだったので、イヤになって入ったわけではありません。)


じゃーん!!

おいしそう!! アップダウンでちょっぴり疲労した体にちょうどいい甘味です。


山桜がおおよそ今回通るビーフラインの中間地点。
ここからまた10%程度のやさしいアップダウンの連続です。


ビーフラインは展望はイマイチですが、アップダウンが続くので良い練習コースになるんじゃないでしょうか。 (SRF-WORKS向けコースだね、これ。)


そんなこんなで剛脚のメンバーも満足したビーフラインを終え、途中のコンビニで休憩をとりPC3に向かいます。


ビーフラインを越えてからは基本平坦な道を淡々と進みます。 あまりに淡々としてるので眠くなりますが、なんとかPC3に到着です。


PC3はついたころにはもう17時。日も落ち、寒さが戻ってきた感じがします。 ここからゴールまでは100Kmあるので、ここでちゃんと補給しておきます。


しっかり補給が終わったところでゴールに向けて出発。 ナイトライドとなり、平坦基調ではあるものの速度は控え目に進んでいきます。


若干メンバーもお疲れモードなので適宜休みをとりながら進みます。

休憩のタイミングで思い出したようにグループLINEを確認すると、スイーツから何も投稿してなかったのでちょっと心配されている様子。


ちょっと遊びすぎたのでゴール予定が23時すぎそうと投稿して出発です。


休憩後ものんびりペースで安全に走り、ようやく埼玉へ戻ってきました。

行きのときに気になっていたMACOリーダのサイドビジネスでやっているスナックもオープンしているようです。

埼玉までくればあとは余裕ですが、かなりの寒さになってきたのでアルビオン坂を登った後のコンビニで暖をとり、万全を期して越生のゴールを目指します。


そしてゴール地点へ向かう最後の登りをクリアし、無事全員でゴール!! 時間は18時間30分くらいで無事制限時間内でのゴールとなりました。

暗すぎて誰かわかんねぇよ(笑)
そしてゴール地点にはなんとまっさんとたぁさんがクルマで迎えにきてくれていました!!。


もう0:30なのに、おつかれさまです!!!


そして、ありがとうございます!!!


まじ、感謝です!!!


ゴールの手続きを終えて300Kmを走り終えた剛脚メンバーのみなさんが無事クルマで帰るのを見届けて、私も自走で無事帰りましたとさ。


途中でムネヒロさんを乗せたクルマが横を通りすぎていったのでスプリントで追いかけたのですが追いつけず…残念。(あとでログ見たら40Km/hほどしか出てなかった…)


おしまい。 
また、ブルベに出ましょうね!!

2018年3月31日 春の里山 ワラジカツ丼 ご満悦ライド

SATURDAY RI丼 FEVER!!64

Writer:MACO


某日、SRFスポンサーM橋氏より直LINEがきました。
『ワラジカツ リベンジライドやろうよ!』
前回、ワラジカツを食べに秩父まで行きデンジャラスな思いをしたではありませんか!私的に自動的に封印BOX行きのライドだったのですが。
その時の記事はこちら↓(´Д` )

人間てのは辛い事や悲しかったことは忘れてしまう。
だから生きていけるのかもしれません。


しかしながら今回は少しアレンジしました。
ちょうど桜が見頃の季節です。
以前、登った七重峠あたりなどは里山感溢れていて たまらないことでしょう!
七重峠→定峰峠→秩父に決定!
こんなルートです。


集合場所には15名の方が集まりました。恒例の朝礼後スタート!

《参加メンバー》
HATOさん
choさん
カムさん
のりちゃん
松っさん
ムラさん
トモさん
ハラダさん(GUEST)
七宮さん(GUEST)
けんけん
じゅんちゃん
Kちゃん
ミッキー
拓ちゃん
MACO


まずは白石峠入口を右折し暫く行ったら分岐を右折し林道赤城七重線に入ります。
七重の山桜を目指します。

山桜は時期的にまだですね。来ましたぞ!と記念撮影。


コースへ戻ります。
里山の風景が美しいのなんの!癒されます。

のどかで いいですね〜



絶景ポイントに到着しました。




七重峠 到着です。

七重峠を下り定峰峠へ!ここでKちゃんは帰還します。
お疲れ様でした。


定峰峠を下り秩父市街へ
なんと裏定峰峠工事中!
自転車降りれば行けるんじゃないか案がどこかから出てとりあえずくだってみます。
帰り登る予定の林道定峰線を横目に工事区間へ
作業員の方に伺いましたが結果はやはり×
登り返して迂回路から下ります が なかなかの急斜度。(一部激坂)
ブレーキ必須です。


無事に秩父市街へ到着。
本日のランチは『雅紀屋』さんお御世話になります。

わらじカーーーツ わらじカーーーツ

ごちそうさまでしたー( ^ω^ )


デザートはジェラテリアHANAへ行きましょう。

ここは工事区間の手前。
拓ちゃん・カムさん・トモさんは迂回路をそのまま戻ってしまい(一部激坂)を登ってまた降りてくることに。

新車試乗でご満悦のミッキー

新車試乗でご満悦のムラさん(エアロポジション)


行きましょう!
・地元のおじさんの力を借りての工事区間突破組
(一部激坂)登り返し組
とに分かれます。

本日ゲストのハラダさん 激坂を堪能


ミッキーもご満悦


本日ゲストの七宮さん 軽々とヘリウム、あ、クライム


じゅんちゃん 弁護士・ホストという二足のわらじ!?(真相はいかに)


HATOさん 余裕の貫禄


一応私も(´Д` ) 斜度24%(´Д` )


そして一同合流し林道定峰線へ
さきほど突破を手伝っていただいたお父さんがおりました。
この先工事区間があるが大丈夫じゃない?(笑)との情報。
看板も通行止め標識もありませんので
行ってみましょう!その先へ!


全然、大丈夫っすね〜♪
フンフン〜♪(´ε` )


通行止め〜
が、しかし ここで引き返すわけにも行きません。
ムラえもーん
役所で培った丁寧な交渉力が発揮されます。
現場作業員の方に交渉。


オッケー
いただきました〜( ^ω^ )


全員無事通過!!


私の下調べが甘かったです。みなさんごめんねm(_ _)m
アドヴェンチャーライドということで許してください。


頂上の高篠峠 (chosan)
こちら側には通行止めの標識が・・・


集合場所へ帰還


なんだかんだありましたが、
ご満悦いただけだライドとなったことでしょう!!
困難もみんなの力で突破するSRF
ナイスキャラなラインナップです。
《走行距離》60km
《獲得標高》1980m


近日開催 真・わらじカツライド